新時代の差別化戦略 MBS全国セミナー

新時代の差別化戦略 MBS全国セミナー

さて、この手紙を読んでくれているあなたは、おそらく、スモールビジネスの経営者の方だと思います。

運送会社や工務店・印刷業などの中小企業、または、美容院や整体、エステなどのオーナーの方、あるいは、地域で学習塾や飲食店などを営んでいる方、もしくは、税理士や社会保険労務・行政書士など、地域の経営者を支援する士業の方かもしれません。

本当に多くの経営者の方が、自店の売上アップのために、日々、真剣に情報収集をしています。

今から20年ほど前は、ラーメン屋さんの店主は、ラーメンのスープの研究をすることはあっても、「経営」や「集客」について勉強する人は、ほとんどいませんでした。運送会社の社長も、工務店の社長も、美容師さんも、花屋も、寿司やも、士業の先生たちも同じです。

自分の販売している商品・サービスを磨くことだけが、ビジネスの成功の道だと信じて、日々、せっせと自分の技術を磨いていたのです。

本当に多くの経営者の方が、自店の売上アップのために、日々、真剣に情報収集をしています
ところが、今の時代はどうでしょうか。ラーメン屋さんでも、運送会社の社長でも、大工さんでも、美容師さんでも、ヤクルトのおばさんでも、みんながみんな、ビジネスの勉強をしています。

なぜなら、「おいしいラーメンを作っている」「カットがうまい」「腕がいい大工」というだけでは、ビジネスが成り立たなくなってしまったからです。

たくさん勉強をしているのに、なかなか成果が出ない。そりゃそうです。ライバルも同じくらい勉強しているわけですから。

そのうえ、日本の平均年収は、20年前に比べて1割以上、およそ50万円も少なくなっています。当然、消費者心理は購買に消極的で、なかなかお財布を開かなくなりました。

消費者心理は購買に消極的で、なかなかお財布を開かなくなりました。
現代は、日本の経済史上、最も差別化が難しい時代と言われています。

新時代の差別化戦略 MBS全国セミナー 東京会場2より抜粋しています

新時代の差別化戦略 MBS全国セミナー 東京会場1

新時代の差別化戦略 MBS全国セミナー 大阪会場

タイトルとURLをコピーしました