PRIMA amazon最安値・商品データ取得システム

PRIMA amazon最安値・商品データ取得システム

amazon無在庫転売において業界で評価が高いデータ収集ツールです

PRIMAを活用すれば、11ヶ国のamazonの最安値価格や、出品者数を高速でデータ収集することができます。PRIMAを活用して赤字や在庫切れのリスクとおさらばしましょう。
収集したデータの活用方法マニュアルも特典でGETできるので安心してお試しください

amazon転売でこのような悩みを抱えていませんか?
amazonで無在庫転売を行う転売セラーが同様の問題を抱えています。
受注したはいいが赤字になることが多い

仕入れようとしたら在庫切れになっている

想定利益と実際の利益が合わない

想定してなかった価格設定になってしまう

送ってみたら送料が想定より高い

仕入価格の変動に価格更新が間に合わない

無在庫転売を行っていると、このような問題が発生することがありますよね。しかし、このような問題はあなたの利益を損ねたり、大事な販売アカウントのパフォーマンスに傷をつけたりすることはもちろんのこと、なにより購入してくれたお客さまに迷惑をかけることにも繋がる恐れがあります。

販売商品の「管理」ができていないことが原因
これらの問題が発生する原因はまさに、販売している商品を管理しきれていないだけです。

正しい販売価格の計算・更新ができていない
amazon無在庫転売での価格設定において、参照すべき情報は多岐にわたります。正しい販売価格を設定するためには、大きくわけて3つの経費をより正確に算出する必要があります。一つは仕入原価です。仕入原価は、実際の購入金額+送料ですね。もう一つは送料です。送料は、基本的に大きさや重さによって変動しますので、その商品毎での算出が必要になります。最後に手数料です。手数料もamazon販売手数料のみならず、その他手数料なども考慮する必要があります。これらができてない無在庫転売セラーは、販売しても赤字になるケースや、本来売れるはずのものが売れないといったケースが発生します。

販売価格や出品在庫の更新が追いついていない
実際の仕入れサイトの状況に対して、販売価格や在庫数の更新が追いついていないという問題があります。これは特に出品SKUが多ければ多いほど更新頻度が遅れてしまうので、より多く発生します。仕入れサイトの販売価格や在庫状況は、常にリアルタイムに変動しています。これらの変化に迅速に連動し、自身の販売価格や出品在庫数の更新を行っていかなければ、赤字販売や在庫切れといった問題が発生してしまいます。

出品しても売れる見込みが低い商品も販売している
amazon無在庫販売では、出品数に比例して売上も増加すると思われがちですが、現状ではそれは正しくありません。量よりも質の時代です。更新頻度の低い商品を大量に出品するよりも、常に最新の状態を管理できる量の商品数を出品しているほうが売上及び利益はあがります。過去1年間で一度も売れたことないような商品などを大量に出品していても、管理コストだけが上昇して売上には貢献することができません。そういったSKUが多ければ多いほど、結果的に売上向上の妨げとなっています。

PRIMA amazon最安値・商品データ取得システムより抜粋しています

タイトルとURLをコピーしました