詳細


Ringのストアを表示

【夜でも鮮明な映像】カラーナイトビジョン搭載で、昼夜問わず鮮明にご自宅の様子をライブ映像 (1080p HDビデオ) で確認できます。カメラの視野角は水平140°の広角レンズを採用しています。 【一台で安全と安心を】赤外線とカメラセンサーで人の動きを検知すると、Ringアプリにお知らせします。夜間にモーションを検知した場合は、2つのLEDセンサーライトが自動点灯し明るく照らします。Ringアプリでライブ映像を確認しながら、遠隔でサイレンを鳴らすこともできます。 【手軽に設置】着脱可能なバッテリー(1個同梱、2個まで搭載可)を利用するため、電源工事不要。wifiに接続できる範囲であれば、お好きな場所に設置できます。バッテリーの残量が少なくなるとアプリやメールでもお知らせします。防塵防沫 (IP65等級)の屋外カメラです。別売りのRing純正ソーラーパネル (パワーモード設定は、バッテリーモードを選択してください。有線モードを選択した場合、充電できません) や、電源アダプターもご利用いただけます。 【検知エリアをカスタマイズ】設置状況に応じてモーション検知ゾーンを設定することで、不要な通知を減らすことができます。 【クラウド録画2024年12月15日まで無料体験】Ringプロテクトプランを利用すると、過去最長180日間(デフォルト設定は60日間)の動画および過去7日間の静止画を確認、保存および共有が可能です(無料体験期間終了後は、有償プランへのご登録が必要となります)。モーション検知時、ライブ映像確認時に自動で録画を開始するので、防犯カメラの用途にもご利用いただけます。(常時録画には対応しておりません。) 【Works with Alexa認定】Alexaスキルを有効化すれば、お持ちの画面付きEchoデバイスやFireTVシリーズで、モーション検知アナウンスやライブ映像の確認と応答が可能です。

口コミ

家のWi-FiをメッシュWi-Fiに変更後は遅延が無くなりました。ソーラーパネルに太陽光4時間の照射で今の所、バッテリー70%を下回る事はありません。

見た目も性能もめちゃくちゃいいです。
人が通るたびに携帯に通知してくれるし、画角も広くて見やすい。

ソーラーパネルセットで購入。
設置して今日でちょうど1週間になりますが、バッテリー残量も92%なので充電の必要があまりない。

悪い点
買った後に気付いたけど、sdカードが入れられないのとWi-Fiが遠いと接続が悪くなる。
月額か、年間の契約が必要で購入した後もお金がかかる。
取り付けの時にインパクトドライバーが必要になる。

自分は悪い点の部分がそんなに気にならないくらい気に入ってるので買って良かったですが、人によっては使用しずらいかもしれません。

人が通過するとライトがついて録画される。
一応別売だけどソーラーパネルで充電不要になる。
設定はアプリで容易にできる、家族と共有可能、反応範囲を設定できる、リアルタイムで通知が来るなど、
手軽に設置できるのに、欲しい機能を満たしているので満足。
ただ今は無料キャンペーン期間のようなので、これが有料サービスとなったときに、無料のままでいく場合は機能不足になるのかが今ひとつ分からない。

ソーラ充電併用でうちの環境ではほぼつけっぱなしにできます。
またもう一個バッテリーを買うと急な悪天候続きでもロングバッテリーで十分な期間耐えられます
あとアプリでの細かな設定のやりやすさ(ちゃんとした日本語)でこちらの面でも安心感が高いです。
気になる点としたらバッテリーがMicroUSBなところでしょうか。ソーラー充電を使うとあまり使わないので良いのですが、外して充電するときタイプCならもっと早く汎用的だったのではと重います

専用バッテリーや専用太陽光パネルではなく極力、「AC電源常時接続での利用」を推奨します。
「バッテリーモードでは高頻度スナップショット(15秒に一度等)やモーションセンサーの常時稼働等が出来ない」ためどうしてもVideoやスナップショットで捉えることの出来ない「隙間時間」が発生してしまいます。当製品の機能を100%引き出したいのであればバッテリーや、太陽光パネルの導入検討の前に「別売りACアダプタ(USB C/延長コード装着時約5.5m)」で取付られないかどうかの検討することをお勧めします。特に「玄関、カーポート周囲等ではバッテリーモードと比較してより高度の防犯効果が期待できると思います。当方、裏庭、横庭には電源がなくバッテリーモードでスティックアップカムを利用していますがやはり「AC常時接続モード」とは大きな差を感じます。
また当製品利用時は「強いWifiシグナルが必須」となるので強度がRSSIが-45から-55程度の範囲に入るようにwifiブースター等を製品の近くに設置しておく事が重要です。カーポートの柱や屋根に取り付ける場合は「未来工業 取付自在板 BPF-1212(あるいは0808)」が便利です。
当製品で非常に残念なところは「防犯カメラの基本中の基本であるビデオの撮影、保存が有料である(課金しない限りビデオ撮影、閲覧が全く出来ない)」ことです。「SDカードへの保存ができず、全ての写真ビデオがクラウドに保存される」この製品にとってこれは致命的だと思います。有料化がもうすぐ開始されるとのことですが、やはり「最低3日程度のクラウド無料ビデオ閲覧サービス」を導入しないと有料化のタイミングで「SDカードに保存可能な他製品への買い替え」につながることはほぼ確実だと思われます。
「AC接続時のこの製品の評価は星5」ですがこの問題によりマイナス2としています。

取り付けを気をつければ良きです
思ってるより重量あります
画質、送受信、感度等は良好です。

設置接続等する前に付属バッテリーを充電して挿入すると、本体はバッテリーモードだと認識するみたいです(自動で電源ONになる)。後でアプリ内で有線モード選んでも本体はBモードの認識のままになる様なので、有線で使用される方は充電せずそのままセッティングしてください。ウチは玄関右側からのアプローチなので玄関ドア左上部側面にビス留め、近くの屋内コンセントから窓枠細工しケーブル出して給電、同期した1FリビングのEcho Show 8と2F自室のEcho Show 5にも即時通知来るしLive映像見れて音声通話出来ます、画像映像共に綺麗だし照明の明るさも充分ですね、既存の玄関照明不要になりました 笑。アプリも使い勝手良く設定も非常に分かり易かったです、お勧めします♪

製品自体はそう悪い物ではないと感じるが、それ以外の面で不満が多い。

以下、誰かの助けになれば幸い

1.屋外ケーブルへの切替がわからない
→新品開封時、ケーブルは屋内仕様となっている模様。
その状態のプラグ部分にある「PUSH」と書かれた部分を押しながら上方向へ引き抜く(結構力が要る)。
その後屋外用ケーブルを先ほど抜き取ったパーツの代わりに差し込む(カチッと奥までさす)。

2.Ring Spotlight Cam Plus, Batteryへの接続端子が見つからない
→Ring Spotlight Cam Plus, Battery本体の下部にある蓋を回して外す。
ポールジョイントをスライドさせて外す。端子発見。
ポールジョイントパーツ側は裏側からゴム製のパーツで
端子穴が塞がれている様なので多分取り除いて使う。多分。

3.MACアドレスがわからない
→ネットワークに接続せずにMACアドレスを把握できる方法を当方では見つけられなかった。
RingデバイスのQ&Aページに
「Ring-の後に、MAC IDの下6桁が続きます。
Ringのセットアップの後に、MAC IDの下2桁が続きます。」の記述を見つけたが、
「では残りの上4桁はどこ?」となった。
そのため、MACアドレスを把握したい場合、
本末転倒にはなるが一時的にフィルタリングを外すか、
ゲストポートやテザリング等を使用して一時的にネットワーク接続を完了し、
Ringアプリより「デバイスの状態」の項目から確認するしか無いと思われる。

4.サンワサプライのカメラ取付金具「200-BKT001」は使用不可
→Ring Spotlight Cam Plus, Battery側の台座取り付け穴の位置と
「200-BKT001」側の取り付け穴位置が合わない為利用できない。

以上、
ただでさえAmazon系デバイスは説明書が説明書としての体を為していないが、
この製品の説明書はこれまでのどのデバイスの説明書よりもゴミであると言わざるを得ない。
わかりにくい、なんてレベルではない。
何故これでよしとされたのか甚だ疑問。

タイトルとURLをコピーしました