Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa + スイッチボット スマートホーム 学習リモコン Hub Mini + 専用USBコネクター

Amazonデバイス

Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa + スイッチボット スマートホーム 学習リモコン Hub Mini + 専用USBコネクター

Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa + スイッチボット スマートホーム 学習リモコン Hub Mini + 専用USBコネクター説明

上記「価格」は、個人のお客様にご提示している本セット商品を構成する各商品詳細ページ上の2020年9月13日から10月12日の間に表示された最低価格を合算したものです。商品によっては別途割引を行っていることがありますので、現在の販売価格は、各商品の商品詳細ページをご確認下さい。上記「セット買い価格」は、本セット商品をプライム会員以外のお客様が購入される場合の価格です。特選タイムセールの割引額は「価格」を基準としています。【Amazon Echo Flex・Hub Miniを1つにまとめる】USBケーブルを使わず、専用コネクタでSwitchBot Hub MiniとAmazon Echo Flexがコネクタで接続できます。一体感が生むので、スペースの節約にもシンプルなインテリアにも大活躍。【音声コントロール】Amazonアレクサと連携して、話しかけるだけで家電とSwitchBotシリーズデバイスを操作できます。「行ってきます~」のシーンを作成すれば、出かける時に家電を一気に消すことができます。【ワンタッチで家電を登録】プリセットリストがあり、「スマートラーニング」モードを通じてワンタッチでお家の複数のリモコンをSwitchBotハブミニ1つにまとめます。USB給電・コンパクトでどこでもお使えます。【ハブミニでスマートな暮らしへ】ゲートウェイとして複数のSwitchBot製品と部屋中の家電をインターネットに接続してスマートホーム化を簡単に実現できます。このハブミニで日々暮らしをスマートになりましょう。

Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa + スイッチボット スマートホーム 学習リモコン Hub Mini + 専用USBコネクター口コミ評価

発売直後、Hub Miniが20%OFFになっていて早速購入しました。SwitchBotシリーズのハブだけでなく、赤外線リモコンにもなるとのこと。我が家は既にLinkJapanのeRemote miniを使用しAlexaと連携していましたが、すぐに接続が切れたり何かとイライラすることが多かったので買ってみました。当初は不具合がありましたが、アプリからバグを報告するとすぐにサポートから連絡があり、アプリ上でチャットのような画面でやり取りしつつ、何度かのアプリアップデートの上、ついになおりました!今のところ、スマートホームのためのリモコン制御等これをメインで使っております。ついつい同シリーズの温湿度計やスイッチなど買い足しています。この製品に限らず他社製品もそうですが、型番検索しても日本の製品型番がほとんど出てこないのが惜しいところ。特にエアコンは赤外線で送っている信号が複雑なのと、意図した信号が送られているのか確認するのが難しいので、多分合ってるかな?というカンで設定してます。【eRemote miniより優れている点】● テレビ、エアコン、照明、カスタムの4種しか選べなかったeRemoteと比べて、追加できるデバイスの種類が14と多いので、それぞれの家電に合った操作がしやすい。例えば照明ひとつとっても、スイッチボットだと色温度も調整できる。● アプリの画面がシンプルでわかりやすい。● 薄く軽量で、壁掛けもできる。● Alexaとの連携がすんなりできる。● ルーター再起動してもAlexaとの連携が切れない。● 同シリーズの温湿度計が安価なので、気温によってエアコンのオンオフなど、連動した自動設定(シーン)がやりやすい。● サポートがマメ。● そもそも定価が安い!【eRemote miniより劣っている点】● アプリでリモコン操作してから実際に赤外線が飛ぶまで、ワンテンポ遅い。● アプリで家電を操作するのに、Hub Miniを選択 → エアコンなどのデバイスを選択、と1階層増える(個人的には慣れると逆に分かりやすい)。【どちらにも共通する点】● 家電リモコンを登録するとき、ちょっとコツがいる。スイッチボットの場合は「スマートラーニング」と「マニュアル」(型番検索)と「カスタマイズ」(それぞれのボタンにリモコンの信号を割り当てる)があるので、気合があればカスタマイズでいけば完璧。エアコンだけは「カスタマイズ」での設定が難しいかも。● ユーザー登録が必要。

Echo Show 5にSwitchBotを登録出来ません説明書も無いので使えません(アレクサで操作ができない)スマホでも基本操作の1部だけなので意味ありません大変不便です結局機器付属のリモコンでしか使えません私『ライト点けて』アレクサ『すみません分かりません』私『テレビのチャンネル変えて』アレクサ『すみませんお役に立てそうにありません』ですとnet検索で設定を探したけどバージョンが違うのか説明とスマホソフトが一致しなくて全く分かりませんサポートから連絡がありましたEcho Show 5とSwitch Botの連携は現在開発中の為出来ないそうです、セット販売なのに使えないとは意味がありません

こちらの商品とスイッチボットHUBを組み合わせると、どんなエアコンでも温度もしくは湿度が一定以上、以下になったら除湿/冷房を自動で切り替えるという操作が可能になります。除湿を使用すると必要以上に気温が下がってしまい寒くなるので都度切り替えていましたが、寒くなる前に自動で冷房に切り替わるようになり非常に快適になりました。温度計としてももちろん優秀で、子供部屋の気温が設定値より下がりすぎ、上がりすぎた時にスマホに通知を送ってくれます。また気温、湿度の推移グラフも確認できるので昨日の夜どのぐらいの温度、湿度だったかの確認なども簡単です。本体の表示は離れると少し見づらいですが、スマホで離れた部屋からでも簡単に確認できるので特に不便には感じません。また、カスタマーサポートも優秀で、問い合わせフォームからメールを送ると大抵翌営業日には返事をくれ、不具合の報告をした場合にもソフトウェア修正などを即日対応してくれました。

液晶の角度で、え?この角度で見えないの?というレベルで温度、湿度が見えません。15~30度、角度がつくと見えないです。子供の付録についてたおもちゃの液晶の方が見えました。そして肝心なスマホでの確認ですがWiFiに繋いでデータを取得すると取得データー数が少なくグラフが変。Bluetoothで接続して下さいと公式に言われたのでHubから外して読み込むと1万件以上のデータを読み込み始める。時間をかけて読み込んだが表示されず。真っ白な画面。再度開くとまた1万件以上読み込み始める・・・。なんだこれ。こんな取得精度でエアコンの管理は怖い。

 温湿度センサーとの組み合わせで湿度管理を自動化しようとしたが、日本製エアコンのプリセットの数も少なく、「内部クリーンモード」に対応してない。アマゾンの口コミで変則的な使い方→エアコンリモコン操作をカスタマイズ >「照明」として登録する方法を見つけて試してみたが、今度は認識率が悪すぎて、10回ボタンを押したら1回エアコンが動いてくれるかどうかの状態に。これは失敗したな…10/3追記今日アプリのアップデートがあって、新たに「照明」としてエアコンを登録してみたら、ON/OFF操作の成功率が向上した。(アプデ以後、今のところ失敗なし)これで全く使えないものが一応使えるものと変わった。今後のアプデに期待して星+1します。2020/3/20 追記 電磁波に敏感な方は距離を置くなど、注意してください。便利だと思ってたくさんかいましたが、頭が痛くなって電磁波測定をしてみると常に強い電磁波が発生します。

Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa + スイッチボット スマートホーム 学習リモコン Hub Mini + 専用USBコネクターはこちら

タイトルとURLをコピーしました