Echo Sub (エコーサブ) -Echoシリーズ用サブウーファー

Amazonデバイス

Echo Sub (エコーサブ) -Echoシリーズ用サブウーファー

Echo Sub (エコーサブ) -Echoシリーズ用サブウーファー説明

Echo SubはEcho(第2世代)とEcho Plus(第2世代)用の100W クラスDアンプ、ダウンファイアリング型 (6.0インチ)サブウーファーです。EchoもしくはEcho Plusと接続すると、パワフルな重低音が部屋に鳴り響きます。EchoもしくはEcho Plusを2台同時に接続すると、左右2つのスピーカーでステレオ再生が可能ですセットアップも簡単 – 電源を入れて、AlexaアプリでEcho/Echo Plusと接続するだけ

Echo Sub (エコーサブ) -Echoシリーズ用サブウーファー口コミ評価

Echo Plus(第2世代)単独よりも断然音の厚みが増す感じ。音質向上の効果は確実にあります。ただ、このEcho Subが動作する条件が決まっていてユーザ側で選択できません。Echo Subが有効になるのは、Amazon Music等の音楽サービスのみRadikoで音楽が流れてもEcho Subは黙ったまま。おまけに、Bluetoothでスマホと接続してスマホの音楽をならしてもEcho Subは沈黙です。この辺はソフトウェアの更新で改善できるところだと思いますので早急な改善を望みます。

発売日に手に入れました。実際より大きかったのでビックリです。音質は思っていた以上に良好でコスパはかなりいいです。重量感もがっつりあります。さて、ここから問題点。先ずは、通常のprimes MUSICで聴く分には問題なく聞けます、ただし、Ecoとのペアリングがないと成立しませんから、単体では使えないことを頭に入れないといけません。そこでの問題は、ミュージックアプリではEco単体のボリューム調整はできますが、ペアリングするとボリューム調整ができなくなります。アップデートで対応を待つしかないです。対処法はiPhoneだと、純正の通知画面などに出るボリュウム調整で調整できます。これにきがつくまで丸一日以上かかりました。サポートも把握できていません。sub自体にボリュームなどはついていませんので、ここでしかできません。必ずペアで制御することが前提です。このペアで制御がさらに問題を起こします。私の場合エコーのみがアンリミテッド対象だったのですが、ここにsubがつくとアンリミテッドでなくなり、曲の検索も音声でできなくなります。(サポートも把握してない)したがって、結論。単体での動作はできない。プライムだけでも使える。unlimitedにエコーが単体で入ってた場合、諦めて、全体のアンリミテッドに入るしかない。二階で使う場合、下にかなり響くので直置きは考えた方がいい、、、。ステレヲにはしていませんが、結構いいものになるかと思います。高級品には及びませんがこの価格ですと十分だと思います。エコー単体の貧弱さを十分に補います。明確にわかるのは、ドレイクのインマイフィーリングなどを聞くとはっきり出ます。ポピュラークラッシックでは映画、未知との遭遇などが明確にわかります。

2.1で使おうと思い購入しました。音質悪いです。エコー単体でも良い音出てますが、さらにバランスの取れた低音が聴けるかな??と購入しました。しかしながら、エコーサブを設置して2.1ペアすると、エコーの低音もエコーサブに依存するらしく、エコーの低音がラジカセみたいな音になります。よく、バータイプのホームシアターにある機能ですが、低音全てウーファーに任せるタイプの設定になってしまう。せっかくエコーもフルレンジでそれなりの音がなるのに、わざわざ低音カットしてエコーサブで鳴らしてるみたいです。バランス悪いですよ。

Echo SubとEchoとセット品を購入し、手持ちのEchoと組み合わせ2.1chのステレオを試してみました。結果、レビュータイトルのとおり、2.1chのステレオ動作するのは音楽配信サービスを利用した場合だけでした。Bluetooth接続やスキルでは、どちらか片方のEchoからしか再生されません。ヘルプには推奨されませんとの記述だったのでサポートに問い合わせたところ、サポートより、音楽配信サービスのみ対応しますとの回答でした。現時点で自前の音源を利用する方には、Echo Subは向かないと言わざる得ません。私はEcho Dotと旧来の2. 1chのステレオシステムに戻しました。ソフトウェア的に機能強化できるものかどうかわかりませんが、私も含めて皆さんで要望し、Bluetooth接続等への対応を実現しましょう。(その方が購入される方も増えると思いますが。)

ライブラリ(マイミュージック)中のプレイリストが指定できないので、評価をさげていたのですが…指定できることが判明しました。それに伴い再評価と内容の改正をします。音質を評価するのは難しいのですが…私的には好みです(低音大好き、多少ブーミーでもかまわない)Echo(Plusではない)単体がハイエンドラジカセに満たない程度EchoSubを追加するとミニコンポ(総額4万前後)並に…でも単品オーディオ(総額10万前後)にはかなわない…的な…総じてコスパは高いと思います。プレイリストの指定が出来たといってもまだ不安定でありスマホの非アマゾン音源を聴く場合もありますしBluetoothペアリングで作動不可なのはやはりマイナスポイントです。キャストだとプレイリストを積極的に利用するのに向いていて、サブウーハーも効きますが…やはり非アマゾン音源はキャスト出来ませんし、何しろ、アレクサアプリ連携なのでかなり動作が重いです。プレイリストの指定方法はEchoのQ&Aで「マイミュージック」と検索すれば出ると思います

Echo Sub (エコーサブ) -Echoシリーズ用サブウーファーはこちら

タイトルとURLをコピーしました