Echo Link Amp: お手持ちのスピーカーに、高音質な音楽ストリーミング再生機能とアンプ機能を

Amazonデバイス

Echo Link Amp: お手持ちのスピーカーに、高音質な音楽ストリーミング再生機能とアンプ機能を

Echo Link Amp: お手持ちのスピーカーに、高音質な音楽ストリーミング再生機能とアンプ機能を説明

内蔵の60W x 2チャンネルアンプ、高音質な音楽ストリーミング、そしてAlexaでスピーカーをアップグレード。対応のEcho端末やAlexaアプリと一緒に使うと、音声操作での選曲や再生が可能です。Echo Link Ampをスピーカーに接続し、他のサポートされているEcho端末とグループ化して、家中で音楽を再生することができます。複数のデジタルおよびアナログ入出力に対応しているため、お手持ちのステレオ機器と組み合わせてお使いいただけます。ライン入力またはBluetooth入力からマルチルームミュージックへのキャストは現在サポートされていません。

Echo Link Amp: お手持ちのスピーカーに、高音質な音楽ストリーミング再生機能とアンプ機能を口コミ評価

Alexa Cast対応でAmazon Musicアプリから再生指示が可能なアンプということで購入しました。音声で再生指示ができるところをやたらとうりにしていますが、音声で特定の曲を指定するのは意外と難しく、アプリからの方が便利だったりします。音質は驚くほどいいということはありませんが、素直な音のするデジタルアンプです。サブウーファーにも対応していて、クロスオーバー周波数がEcho Link Ampで設定できます。2.1ch環境も簡単に作れます。見た目は黒一色のプラスチックでかなり地味な感じです。音楽再生中にLEDが光るということもないので存在を消しています。Amazonロゴがでかでかとあるよりはこっちの方がシンプルで良いです。質感は悪くありません。最初にレビューを書いた際、待機時消費電力が大きいことについて書きましたが、実はしばらくたつと自動的にパワー・アンプ部の電気が切れるのかリレーの音がして消費電力が2w未満になりました。稼働時は12w程度で、音楽を再生してもしなくてもほとんど変わりません。ちょっと気になるのは以下の点です:・入力の切り替えが自動しかない。ストリーミング→デジタル入力→アナログ入力の順で優先度があり、上位のものが再生中だと下位のものに切り替えできません。切り替えたいときもあるんですよね。。。せめてデジタルとアナログの優先度は変えれるようにしてほしい。・アプリからの音量調整が面倒。アレクサアプリから変えれるのですが、echo link ampの設定まで行かないと変えれません。しかもなぜか時々音量調整が表示されなくなります。。。アップデートでなんとかできるならなんとかしてくれるとうれしいです。

JBLブックシェルフ型スピーカーとウーファーにつなぎ、音質はまあまあ満足です。使えるまでの設定もほぼ問題なし。自分の確認不足ですが、Amazon Music Unlimited Echo(¥380/月)ではEcho Link Ampを使えず、Amazon Music Unlimited(¥980/月)に契約しなおしが必要でした。

5Gの無線LANを掴まないので(表示すらされない)ので、Fire HDのカスタマーレビューでAmazonの無線LAN対応機器は36ch,40ch,44ch,48chの4チャンネルのみに対応しているタイプ『W52』のみ対応とあったため、以下、設定をしたら繋がりました。以下、自分が使っているBuffalo WSR 2533DHPの設定です。無線チャンネル⇒36ch無線の認証⇒WPA/WPA2-mixed倍速モード⇒2.4GHz 800Mbps、5GHz 1733Mbps[拡張設定]BSS BasicRateSet※1⇒allMulticast Rate※2⇒54Mbps802.11n プロテクション⇒☑使用する一応、有線LANもつなげてありますが、繋がっているのか繋がっていないのか、本体側からはわかりません(ALEXAアプリからもわからない)。不親切というか、マニュアルも無く謎仕様ですね。サブウーファーも、Echo Subには対応してないようで、うっかり買ってしまって、頭抱えてしまいました。(Echo Subも36ch,40ch,44ch,48chの4チャンネルのみに対応のようで、無線機能に関しては無能だなぁと)。しかし、音は悪く無いです。PCからだとノイズ拾ってしまってブーンと言いますが、電源周りを見直し、おまじないにフェライトコアつけたら、改善しました。うーん、中華アンプ並みに面倒臭い奴です。要望ですが、1.ファームウェアアップデートで、無線の対応チャンネルもっと増やせー!(気象レーダー衛星対策してくれ)2.マニュアルちゃんと出せー!3.リモコン対応してくれー!4.FireTVと連携できるようにしてくれー!です。

既にAmazon Music Unlimited無しの生活が考えられなくなっていて、自宅と車載で合計5台のEcho機器がありましたがステレオ再生で…もう少し良い音で…と思っていたところにEchoなプリメインアンプが登場したので導入してみました。ホームシアターっぽくも使おうということでこれまで使っていたONKYOのサウンドバーを撤去してDALIのOBERON5とセットでテレビと組み合わせて設置。Echo+Alexaならではの「いつでも聴きたい時に聴きたい音楽を」が更に高音質になりましたしテレビでの映画試聴でも”オーディオの音”が楽しめて満足。通常のネットワーク対応プリメインアンプだと”アンプの電源を入れる”というワンステップがあるのでこれまで導入を躊躇っていましたので、まさに私が求めていた製品でした。オーディオ界隈には詳しくないので所謂オーディオメーカーのアンプと比較してどうなのか…はレビューできませんが…唯一の不満として手持ちのEcho SubとEcho Link Ampではサブセット設定(連携)できないってのはソフトウェア・アップデートで改善できるなら対応して欲しいなぁと。

デザインは無骨ですがすっきりしていて良いですね(好みによると思いますが)今まで使っていたコンポも小型でしたが、ウッドコーンの小型スピーカー(フルレンジ50W)を買って組み合わせたので更にダウンサイジングできて狭い家がすっきりしました。音は前のウッドコーンコンポの方が良かったかな……これはスピーカーのせいかもしれませんがK2エンジンなどのアンプ側の機能に依存して音の差が出ているのではないかとも思っています。こういった良音のためのアンプ側の機構があまりアピールされていないところを見るとやはり機器お取りするのかも知れません。便利な点1:入力インターフェイスが角型光、同軸デジタル、アナログRCAと3系統+Alexa経由でのストリーミング(Ether/WiFi)と様々用意されているのは便利です。便利な点2:各社デジタル入力(およびアナログ+Alexaによるストリーミング)を自動的に切り替えてくれる「スイッチャー」が便利です。この機能を持った機械を買おうとしただけでも選定、外観、スペース、費用といった面でかなり苦労すると思います。その他の良い点:サブウーファー出力が付いているのは安心感がありますね。ただ、本機のコンパクトさにあった適当な商品が見つからないので購入できていません。一方で致命的ともいえる問題、課題が幾つかあります。致命的な欠点1:TVの音を出した場合はTVから出る音と本機から出る音が被り、若干ずれがあるのでどちらかを切りたくなるのですが本機の音を0にするか、TVを消音するか、TV側で出力先をアンプのみにしかありません。TVから光出力した場合、TVの使用にもよると思いますがリモコンでは音量コントロールが出来なくなります。(これはデジタル入出力にありがちな仕様に近い症状で、TV(SONY)側の問題なので本機の問題ではないのですが)そこで、ヘッドホンから変換したRCAケーブルをアナログ入力に入れることでTVリモコンでの音量調節がきくようにしています。(少しだけ解決策)AirMac Expressの光出力経由(AirPlayスピーカー経由)で音を入れる場合には、デジタル入力での音源入力であっても元の音量調節(MacやiPhoneの音量調節)が生きますので現状はこの方法で、Apple Remote経由で音を鳴らして凌いでいます。致命的な欠点2:本機のメイン音量を変えるのになんとAlexaでAmazon Musicなどの音楽をストリーミングしていないと変えられないのです!スマホのAlexaアプリからも音量を変えられないのです。これは設計ミスかアプリのバグではないでしょうか。外部の音源を入力できる意味がありません。いちいち本機の前まで行って物理的なダイアルを回転して調整するしかありません。サポートにも問い合わせましたが仕様だそうで、逆立ちしてもどうにもなりません。これだけ入力インターフェイスが豊富なのにリモートで音量を調整できないのです。通常、アンプはスピーカーの近く(間に位置する場所など)に配置するのではないでしょうか。ちょっと音を下げたい時でも上げたい時でも毎度そこまで歩いて行かなくてはならないのです! しかも、聞く場所での音量が分からないまま(異なる場所での)音量を調整しなくてはならないので下げすぎたり上げすぎたりしてイライラすること請け合いです。(少しだけ解決策)この問題についても少し解決策があったのでレビューに追加しておきます。スマホのAlexaアプリに備わっている「定型アクション」を使って音声コマンドによって音量を変えられるようなコマンドを複数用意しておきます。例えば「アンプ35」と言ったら本機の音量を35に設定するよう定義しておきます。なぜかこの定型アクション経由だと音楽ストリーミング中でなくても音量を変えられるのです。音声コマンドはかったるいという場合は、この定型アクションを右側にある再生ボタン「▶︎」でいつでも発効することができます。つまりAlexaアプリを起動して2アクションで一応いつでも音量を変えられるようになりました。(その他)他のレビューで書かれているWi-Fiの問題はありません。仕様に書かれているとおり5GHzも拾いました。ただEcho Dotなどと比べても5GHzについての感度が2.5GHzと比べるとかなり悪いように思われます。

Echo Link Amp: お手持ちのスピーカーに、高音質な音楽ストリーミング再生機能とアンプ機能をはこちら

タイトルとURLをコピーしました