Amazonビジネス

Amazonビジネスアマゾン会員

Amazonビジネス

Amazonビジネスは、あらゆる業種の購買ニーズに対応するため、いつものAmazonに以下の内容を追加した、法人・個人事業主様向けの新しいビジネス購買専門サイトです。
ご利用は無料で、数分でお申し込みができます。Amazonからこれまでのアドレスや購買履歴を引き継いで登録も可能。ぜひ一度お試しください。

Amazonビジネス6つの特長

請求書払いなど選べる決済方法で
立替精算の手間を削減
請求書払い: 請求書による後払いが可能です。詳細はこちら
法人向けクレジットカード: 会社で使用している法人向けクレジットカードをグループで支払い方法として共有することができます。
これまでの決済方法も利用可能: コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー・代金引換など
ページ上部へ

法人価格で更なるコスト削減を実現
ビジネス向けの特別価格や数量割引が多数の商品に適用されています。
法人・個人事業主様向け特別価格: ビジネス向けの割引きが多数の商品に適用されています。
数量割引:購入対象商品の数量に応じて割引が多数の商品に適用されています。
一覧で価格を比較: 一つの商品ページで複数の出品者の価格を比較できます。
ページ上部へ

Businessプライム
更に便利なBusiness向けプライムでAmazonの迅速な配送がビジネスでも変わらず利用可能。
無料のお急ぎ便:お届け日時指定便が注文金額に関わらず使い放題。
複数社員で活用:最大3ユーザーまでは年会費4,900円(税込)から始まる会員プランを選択可能。
あらゆる規模の法人へ:会員プランはあらゆる企業規模に対応。 詳細はこちら

*「Businessプライム」にお申込みいただかない場合にも、Amazon.co.jpが発送する商品の通常配送では、2,000円(税込)以上のご購入の場合で日本国内の通常配送料が無料になります。
ページ上部へ

豊富な品揃えでどんな商品でもすぐに見つかる
Amazonビジネスでは、あらゆる業種のニーズに対応した商品を取り揃えています。
ビジネス向けセレクションの追加: これまでのAmazonの商品に加えて、ビジネス向け商品も追加。
ビジネスに役立つ品揃えと検索性:ITから清掃用品、オフィス用品から飲食店の消耗品まで、Amazonでは豊富な数の商品の中からお選びいただけます。
ページ上部へ

組織で1つのアカウントを共有
会社やチームで1つのビジネスアカウントを共有できます。承認ルールを設けて購買を統制し、また、購買履歴をまとめて管理、分析できます。
全社員・チームメンバーを登録:複数のユーザーを1つのビジネスアカウントに登録できます。組織構造に合わせて購買グループを作成し、支払い方法を共有できます。支払いをまとめることで立て替え精算がなくなり、経費処理の手間が省けます。
承認ルールを設定: 承認者の承認なしでは発注できないように設定できます。
購買データの取得: 全ユーザーの購買データを取得でき、グループやユーザーごとに分析できます。
ページ上部へ

購買・分析機能で経理作業が簡単に
いつ、誰が、どれくらい購入したかが詳しく分かります。税金や送料、部門など任意の項目で購買レポートを作成、ダウンロードできます。これにより、帳簿作成や経費処理の手間が削減されます。
すべての登録ユーザーが利用可能 : 購買分析のツールは、管理者の他、購買依頼者も利用できます。
管理者はグループ、ユーザー、商品カテゴリー別の他、多角的に購買履歴を管理、分析できます。
カスタマイズできるテンプレート : フィルターと項目を自由に組み合わせて、注文や返品、返金など、購買履歴を管理、分析できます。
データダウンロード: カスタイマイズしたテンプレートを保存、ダウンロードして購買実績の分析にご活用いただけます。領収書をまとめてシステムに手入力する必要がなくなります。

Amazonビジネス横浜ゴム株式会社導入事例紹介

“適正かつ透明性の高い調達”への社会的要請が高まっている
1917 年、横浜ゴムは日本の近代化に不可欠なゴム製品の国産を目的として創業しました。現在、売上の約8 割を占めるタイヤを中心に、工業製品やスポーツ用品も展開。国内に留まらず、北米や欧州、アジアなどにも進出し、売上の半分以上は海外市場でのものが占めています。グローバル企業として社会的責任も強く意識しており、「トップレベルの環境貢献企業」を掲げるほか、ESG(環境・社会・ガバナンス)関連の取り組みにも力を注いでいます。

その中で私たち資材調達部が担っているのは間接材の調達です。事務所や工場で日常的に使うものの購入、また建屋の建築資材、エネルギーの購入などを担いながら、コスト削減や調達の仕組みそのものの効率化も推進しています。現在、これら業務においてもコンプライアンスやガバナンス強化は重大な課題。天然ゴムなどの直接材ばかりでなく、間接材においても、“適正かつ透明性の高い調達”への社会的要請は年々高まっています。今回のAmazonビジネス導入も、そうした状況に対応するための調達業務改革の一環として行われました。

現場から「ほかで買えないものが、Amazon にはある」との声が
従来から、横浜ゴムでは本社及び国内全7 拠点にSAP Ariba を導入し、それと複数の外部EC サイトを連携する形で調達を管理してきました。ところが、現場からは「既存のEC サイトでは買えないものが、Amazon にはあるのだが……」。そんな相談が度々寄せられていたのです。調べてみると、Amazon ビジネスではない個人向けAmazon を使ってそれぞれ必要なものを購入している例も想像以上に多く見られました。それだと、購入内容の細目がわからなかったり、承認プロセスがシステムに記録されなかったりと、調達に不透明な部分が出てきてしまいます。

ならば、Amazonビジネスの導入を――というのが導入の経緯です。ただし、当社の調達の基本はSAP Ariba ですから、導入にあたってはシステム連携が大前提。そこでAmazon のご担当にも尽力いただきながらすり合わせを行うと、実質約1カ月と非常にスピーディにシステム連携が完了しました。国内でのSAP Ariba とAmazon ビジネスの連携は初めてとのことでしたが、作業はとてもスムーズでした。

Amazonビジネスはこちら

タイトルとURLをコピーしました