犬棒かるた

Alexaスキル犬棒かるた

説明「犬棒かるた」を読み上げるスキルです。1ゲーム毎にランダムな順番で読み札を読み上げます。ゲームを始めるには、「アレクサ、犬棒(いぬぼう)かるたを開いて」と話しかけてください。アレクサは、読み札を1枚読むたびに「次の札を読みますか?」とたずねてきます。次の札へ進むには「はい」、終了(中断)するには「いいえ」、同じ読み札をもう一度聞きたいときは「もう一度」、読み札の意味を知りたいときは「意味を教えて」、少し待ってほしいときは「待って」と話しかけてください。「ヘルプ」と話しかければ、音声コマンド一覧を教えてくれます。中断したゲームは、「アレクサ、犬棒(いぬぼう)かるたでゲームを再開」と話しかけると再開することができます。※「犬棒かるた」(いろはかるた)で用いられることわざや慣用句は、地方やかるたメーカーによって差異があります。本スキルに収録していることわざや慣用句は以下の44種類です。「を」「ゐ」「ゑ」「ん」「京」は収録していませんので、これらの絵札は除いて遊んでください。・犬も歩けば棒に当たる(いぬもあるけばぼうにあたる)・論より証拠(ろんよりしょうこ)・花より団子(はなよりだんご)・憎まれっ子世にはばかる(にくまれっこよにはばかる)・骨折り損の草臥れ儲け(ほねおりぞんのくたびれもうけ)・下手の横好き(へたのよこずき)・年寄りの冷や水(としよりのひやみず)・塵も積もれば山となる(ちりもつもればやまとなる)・理屈と膏薬はどこへでも付く(りくつとこうやくはどこへでもつく)・盗人の昼寝(ぬすびとのひるね)・瑠璃も玻璃も照らせば光る(るりもはりもてらせばひかる)・笑う門には福来る(わらうかどにはふくきたる)・可愛い子には旅をさせよ(かわいいこにはたびをさせよ)・葦の髄から天井を覗く(よしのずいからてんじょうをのぞく)・旅は道連れ世は情け(たびはみちずれよはなさけ)・礼も過ぎれば無礼になる(れいもすぎればぶれいになる)・損して得取れ(そんしてとくとれ)・月とすっぽん(つきとすっぽん)・念には念を入れよ(ねんにはねんをいれよ)・泣き面に蜂(なきつらにはち)・楽あれば苦あり(らくあればくあり)・無理が通れば道理が引っ込む(むりがとおればどうりがひっこむ)・嘘から出た実(うそからでたまこと)・喉元過ぎれば熱さを忘れる(のどもとすぎればあつさをわすれる)・鬼に金棒(おににかなぼう)・臭い物に蓋をする(くさいものにふたをする)・安物買いの銭失い(やすものかいのぜにうしない)・負けるが勝ち(まけるがかち)・けんか両成敗(けんかりょうせいばい)・文は遣りたし書く手は持たず(ふみはやりたしかくてはもたず)・転ばぬ先の杖(ころばぬさきのつえ)・得手に帆を揚げる(えてにほをあげる)・天知る地知る我知る人知る(てんるちしるわれしるひとしる)・頭隠して尻隠さず(あたまかくしてしりかくさず)・三遍回って煙草にしょ(さんべんまわってたばこにしょ)・聞いて極楽見て地獄(きいてごくらくみてじごく)・油断大敵(ゆだんたいてき)・目の上のたんこぶ(めのうえのたんこぶ)・身から出た錆(みからでたさび)・知らぬが仏(しらぬがほとけ)・百聞は一見にしかず(ひゃくぶんはいっけんにしかず)・門前の小僧習わぬ経を読む(もんぜんのこぞうならわぬきょうをよむ)・急いては事を仕損ずる(せいてはことをしそんずる)・過ぎたるは及ばざるがごとし(すぎたるはおよばざるがごとし)

スキルの詳細このスキルの内容動的コンテンツ.このスキルには動的コンテンツが含まれています。動的コンテンツは、開発者の入力を基にリアルタイムで更新されるものです。呼び出し名:いぬぼうかるた

Alexaスキル犬棒かるた口コミ評価

Alexaスキル犬棒かるた画像

犬棒かるた

Alexaスキル犬棒かるたはアレクサアプリやデバイスが必要です

Alexaデバイス

タイトルとURLをコピーしました