【Alexa版】東インド012ブッダガヤ〜「悟り」と菩提樹

Alexaスキル【Alexa版】東インド012ブッダガヤ〜「悟り」と菩提樹

説明今から2500年昔の古代インドに生きたゴータマ・シッダールタ。ブッダガヤは解脱を求めて、出家したシッダールタが悟りを開いた場所で、世界中の仏教徒にとって最高の聖地となっています。ブッダが身体を清めたというネーランジャラー河、苦行をやめたブッダが乳粥を飲んだスジャータ村など仏教ゆかりの地が見られるほか、ブッダが悟りを開いた近くに立つマハーボディ寺院は世界遺産に登録されています。[収録内容]ブッダガヤBodhGayaマハーボディ寺院MahabodhiTemple大精舎(だいしょうじゃ)菩提樹(ぼだいじゅ)金剛宝座(こんごうほうざ)欄楯(らんじゅん)トーラナ[門]経行処(きょうぎょうしょ)ストゥーパ[仏塔]各国仏教寺院BuddhistTempleネーランジャラー河NiranjanaRiverスジャータ村(セナーニ村)SujataVillageスジャータ寺院SujataTemple前正覚山MahakalaMountainガヤGayaヴィシュヌパド寺院VishnupadhTemple象頭山Gayasisaバラーバル石窟BarabarCaves【地図】東インドブッダガヤ近郊ビハール州と仏教聖地ブッダガヤマハーボディ寺院各国仏教寺院BuddhistTempleガヤとブッダガヤガヤ[スキル制作にあたって参考にした資料]『ゴータマ・ブッダ』(中村元/春秋社)『ブッダ大いなる旅路』(NHK「ブッダ」プロジェクト/日本放送出版協会)『仏陀を歩く』(白石凌海/講談社)『世界の歴史3古代インドの文明と社会』(山崎元/中央公論社)『北インド』(辛島昇・坂田貞二/山川出版社)『インド建築案内』(神谷武夫/TOTO出版)『世界大百科事典』(平凡社)OpenStreetMap(C)OpenStreetMapcontributors地図画像は、CreativeCommonsAttribution-ShareAlike2.0ライセンス(CCBY-SA)に基づいてライセンスされてます。

スキルの詳細このスキルの内容動的コンテンツ.このスキルには動的コンテンツが含まれています。動的コンテンツは、開発者の入力を基にリアルタイムで更新されるものです。呼び出し名:まちごとブッダガヤ

Alexaスキル【Alexa版】東インド012ブッダガヤ〜「悟り」と菩提樹口コミ評価

Alexaスキル【Alexa版】東インド012ブッダガヤ〜「悟り」と菩提樹画像

【Alexa版】東インド012ブッダガヤ〜「悟り」と菩提樹

Alexaスキル【Alexa版】東インド012ブッダガヤ〜「悟り」と菩提樹はアレクサアプリやデバイスが必要です

Alexaデバイス

タイトルとURLをコピーしました