【Alexa版】西インド006アジメール(プシュカル)〜御光さす聖者の「巡礼地」

Alexaスキル【Alexa版】西インド006アジメール(プシュカル)〜御光さす聖者の「巡礼地」

説明ラジャスタン州のちょうどへそにあたる四通八達の地にして、ラージプートとイスラム勢力がせめぎあいを続けてきたアジメール。12世紀、イスラム聖者が修道場を構え、インド・ムスリムからもっとも尊敬を集めるこの聖者のダルガー(墓廟)を中心に街は発展してきました。アジメールの峠向こうに位置するヒンドゥー聖地プシュカルもあわせて紹介します。[収録内容]アジメールAjmerダルガー・バザールDargahBazar3つの門GatesデーグDegムイーヌッディーン廟HazratKhwajaMoinuddinChishtyDargah旧市街OldAjmerアルハイ・ディン・カ・ジョンプラAdhaiDinKaJhonpraバレー・ピール・サーヒブの参籠所ChillaBarePirSahibアクバル宮殿AkbarPalaceバードシャーヒー・ハーヴェリーBadshahiHaveliナシヤン寺院NasiyanJainTempleアナ・サーガルAnaSagarリシ・ウッディヤン・スワミダヤナンドRishiUdhyanSwamiDayanandタラガル・フォートTaragarhFortプリトゥヴィラージ3世像PrithvirajSmarakメイヨー大学MayoCollegeアラワリ山脈AravaliRangeナレリ寺院NareliJainTempleプシュカルPushkar蛇の山NagPaharサダル・バザールSadarBazarプシュカル湖PushkarLakeガートGhatブラフマー寺院BrahmaMandirオールド・ラングジー寺院OldRangjiMandirラマ・ヴァイクンタ寺院RamaVaikunthMandirサヴィトリ寺院SavitriMandir【地図】ラジャスタン州アジメールとプシュカルダルガーアジメール旧市街アルハイ・ディン・カ・ジョンプラアジメール郊外プシュカル[スキル制作にあたって参考にした資料]『ムイーヌッディーン・チシュティー廟に就て沿革と現状』(鈴木斌/東洋文化研究所紀要第69冊)『ヒンドゥー教とイスラム教』(荒松雄/岩波書店)『インドの「奴隷王朝」』(荒松雄/未來社)『世界歴史の旅北インド』(辛島昇・坂田貞二/山川出版社)『インド建築案内』(神谷武夫/TOTO出版)『マハーバーラタ』(上村勝彦/筑摩書房)『タール砂漠のラクダ市』(沖守弘/季刊民族学)『東京大学東洋文化研究所インド・イスラム史跡』http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~islamarc/『アジメール・オフィシャル・ウェブサイト』http://www.ajmer.nic.in/『世界大百科事典』(平凡社)OpenStreetMap(C)OpenStreetMapcontributors地図画像は、CreativeCommonsAttribution-ShareAlike2.0ライセンス(CCBY-SA)に基づいてライセンスされてます。

スキルの詳細このスキルの内容動的コンテンツ.このスキルには動的コンテンツが含まれています。動的コンテンツは、開発者の入力を基にリアルタイムで更新されるものです。呼び出し名:まちごとアジメール

Alexaスキル【Alexa版】西インド006アジメール(プシュカル)〜御光さす聖者の「巡礼地」口コミ評価

Alexaスキル【Alexa版】西インド006アジメール(プシュカル)〜御光さす聖者の「巡礼地」画像

【Alexa版】西インド006アジメール(プシュカル)〜御光さす聖者の「巡礼地」

Alexaスキル【Alexa版】西インド006アジメール(プシュカル)〜御光さす聖者の「巡礼地」はアレクサアプリやデバイスが必要です

Alexaデバイス

タイトルとURLをコピーしました